オディッシー 東インド古典舞踊 福岡

 

オディッシーの興り

オデッィッシーはインドの東部オリッサ地方に受け継がれてきた古典舞踊です。ベンガル湾に臨むこの地は、8世紀から13世紀にかけて、プーリーのジャガンナート寺院、コナラクのスーリヤ寺院などの数々の壮麗な石像寺院が建立され、ヒンドゥー教の聖地として栄えました。



*コナラク・スーリヤ寺院のナータ・マンダップ(歌舞殿)

もっとも盛んだった頃

クリシュナ=ジャガンナートに対するバクティ信仰が盛んだったこの地の寺院には歌舞殿が設けられ、日夜音楽と舞踊が神々への捧げ物として奉献されました。 踊り子たちは「マハリ=崇高な女性」と呼ばれ、尊敬を集めていました。その踊りは、今日も壁に刻まれた幾百幾千の彫像の、流れる線のごとくに美しく、あたかもそれが生命を得て動き出したかのようであったといいます。


*コナラク・スーリヤ寺院の踊り子像

オディッシーの衰退

しかしながら、16世紀にアフガニスタンなどからのムスリム(回教徒)のインド・オリッサへの侵攻により、オディッシーの伝統は大打撃を受けてしまします。マハリ達は王族達の妾に成り下がったと考えられ、踊りの崇高性は失われることとなりました。近代になり、イギリスの統治下になると、ほとんどその伝統は消え、高度だった踊りの詳細も分からなくなってしまいました。


*プーリー・ジャガンナート寺院のマハリ

リバイバル

そんなオディッシーの受難時代の中でもゴッテプオと呼ばれる女装の少年ダンサーや、残っていたマハリ達の間に細々と踊りの伝統は伝えられていました。そしてインドの独立運動が盛り上がるさなか、各地で起こった自分たちの伝統を取り戻そうという動きの中で、自らがゴッテプオであったり、マハリの家系出身だった、その後グル(マスター、師匠)となる数名が集まり、今日眼にすることが出来るオディッシーをみごと復元し、見事な舞台芸術として復活を遂げたのです。

GURU〜師匠達

グル・パンカジチャラン・ダース Guru Pankajicharan Das

今日のオディッシーにかけがえのないのない存在と言えば、グル・パンカジチャラン・ダースです。彼はマハリであった叔母より、寺院舞踊の叙情的な部分を学び、またゴッテプオのグループに属していたときに身体技術的な訓練をして、今日のオディッシーの形を再建し、後にオディッシーをリードしていった何人かのグル達を育て上げました。写真は女装の少年ダンサーゴッテプオ達を訓練しているところです。

ケルチャランモハパトラ

グル・ケルチャラン・モハパトラ Guru Kelucharan Mohapatra

インド芸術に於ける人間国宝とも言える、padma-bibhushanの称号を持ち、オディッシーを世界に知らしめた偉大なグルジーです。オディッシーの力強くダイナミックな特徴だけでなく、深く、かつ繊細に人間の内面を描く振り付け家であるとともに、最高のダンサーで有り続けた、もっとも敬愛するグルです。また、オディッシーの伴奏楽器パカワージのプレーヤーとしても一流でした。彼の優美な踊りに海外の愛好家も魅了され、オディッシーは世界的な芸術として認められました。

グル・デーバ・プラッサード・ダース Guru Debaprasad Das

グル・ケルチャランとは対照的な、ダイナミックでタンタヴァ的(男性的)な要素の濃い振り付けは、多くの弟子に引き継がれ、今日オディッシーの2大流派のひとつを形作っています。

グル・ガンガーダル・プラダン Guru Gangadhar Pradan
パンカジ・チャランの弟子であり、オリッサ・ダンスアカデミーを創立、多くのダンサーを育てあげ、功績が歴史に残る、偉大なグルジーです。

このページのトップへ

SIDE MENU

サンプルテキストSAMPLEテキストさんぷるテキストサンプルテキストSAMPLEテキストさんぷるテキスト