オディッシー 東インド古典舞踊 福岡

インドのダンスとは?

インドは人口が世界2位、様々な人種や民族が入り混じり、言葉も主なものだけでも20種類以上あります。そして、インド人ほど踊りの好きな国民はほかにいないかも知れないほど、あらゆる場面で踊りが登場します。そんなインドにはたくさんの種類の踊りがあります。 主に寺院や王宮で発達した古典舞踊、人々の生活に密着したフォークダンス、もっとプリミティヴな部族の踊り、そして近代映画の発達にともなって盛んになったボリウッドスタイルのダンスなどです。

舞踊の起源

インドの舞踊の起源は、モヘンジョダロ(現パキスタン内)の遺跡から発掘された「踊り子の像」などから、紀元前2500年に遡ると考えられています。また、古典舞踊は、多くは寺院の宗教儀礼から始まったと言われています。

インド8大古典舞踊

現在インドには公式に認められている古典舞踊は8種類あります。ナーティヤ・シャーストラ、アビナヤダルパナなどの演劇と音楽に関する聖典に記述のある伝統的なスタイルを守りながらも、それぞれの地域の独自性を持っています。インド8大舞踊とは、南インド・タミルナドゥ州のバラタナティヤム、ケララ州のカタカリとモヒニアッタム、アンドラプラデーシュ州のクチプディ、北インド・ウッタルプラデーシュ州のカタック、東インド・マニプール州ののマニプリ、アッサム州のサットリヤ、そしてオリッサのオディッシー(オリッシー)などです。

インド古典舞踊の特徴

共通する特徴としては、仏像などに見られる”ムドラー”と呼ばれる手の形や組み合わせで物語や情景、登場人物の感情や神の性格をあらわす事、眼の動きや顔の表情でムードや感情を表現する事、足には鈴を付けてステップを踏みリズムを取る事などです。

ヌリッタと呼ばれる、純粋に動きやリズム、フォームを見せる踊りと、ヌリッティヤと呼ばれる、神々や人間、動物たちの登場する、物語、感情などを、美しい詩にのせて表現する踊りの2種類に分かれます。

また、手の赴くところに眼が赴き、眼の赴くところに心が赴く と言われるように、身体のあらゆる部分を使って踊ることが必要です。

このページのトップへ

SIDE MENU

サンプルテキストSAMPLEテキストさんぷるテキストサンプルテキストSAMPLEテキストさんぷるテキスト